DIAGNOSES & TESTIMONIALS

プロダンサーならではの首こり・肩こり・腕の神経症状

2018.01.19     肩・上肢帯の痛み首の痛み・肩こり患者様の声


SaUrI 様(プロダンサー、振付師、俳優、講師)

NYC在住のダンサーより日本開催のワークショップのご紹介を受けて、こちらを知りました。当時は全体的な筋肉疲労があり、首・肩・腕は特に辛かったです。

理学療法士の押本先生がクラシックバレエ出身のため、踊りの要素を理解して下さっている状態で施術を受けられるのが大変有り難かったです。

自分の身体の状態の改善点を、踊りの中のどんなトレーニングの時にどう気を付ければ良いか、目標を立てやすかったです。

また、講師としてレッスン内容を組み立てる上でも、色々な相談に乗って頂けました。

押本先生の治療は、ダンサーの方に是非オススメしたいです。今の身体の状況を引き起こしている原因がどこにあるのか、具体的な改善点まで一緒に向き合って頂けるので、自分のパフォーマンスを向上させる一助になると思います!


担当理学療法士:押本より

 

初診時の症状:肩凝り・首凝り・首から手にかけて神経症状

手の「重さ」は初回で大きく改善がありました。しびれや手の力の入りにくさを感じても良いほどの状態でしたが、痛みを感じていませんでした。肩の可動域は早期より改善が見られ、週に3回程度の通院を1か月半程度徹底的に続けていただき、症状は大方消失しました。

コメント:

SaUrIさんは、色んなジャンルの踊りを踊るダンサーさんです。

ダンスの動画を見せていただいていると、首を余計に動かしてしまい、胸椎の硬さがあることがわかりました。
そこで首から肩にかけての軟部組織を緩めることを、ホームエクササイズでも徹底してもらい、胸椎の可動域を増やし、動きがさらに滑らかになるようにしました。

SaUrIさんは、日本ではダンス講師としても活躍されているので、動く前のウォームアップ内容などを一緒に考えさせていただきました。是非SaUrlさんの楽しいクラス一度受けてみてください。

ダンサーSaUrl http://sayurihirayama.com/

RECENT POST
10代から腰痛に悩まされていたバレエ教師

来院のきっかけ:お世話になっているバレエ先生の紹介。 初めての来院時の症状:股関節周りの可動域...


2019.02.16
パフォーマンス向上  患者様の声  背中・腰痛  骨盤の歪み  

三角骨術後のバレエダンサー

RK様 高校生 将来ダンサー志望 来院のきっかけ:手術をした病院のリハビリしてくださった理...


2018.10.19
パフォーマンス向上  患者様の声  膝・足の痛み  

クラシックバレリーナの重症足捻挫から早期復帰へ

KH様 クラシックバレエダンサー 初めての来院時の症状・・・練習時に負った捻挫、左足第3.4.5...


2018.09.18
患者様の声  膝・足の痛み