DIAGNOSES & TESTIMONIALS

三角骨術後のバレエダンサー

2018.10.19     膝・足の痛み患者様の声パフォーマンス向上


RK様
高校生、バレエダンサー

RK様
高校生 将来ダンサー志望

来院のきっかけ :手術をした病院のリハビリしてくださった理学療法士さんの紹介

初めての来院時の症状 :術前の痛みとは違うところが痛むようになり、痛みがない時がない。バレエレッスンを再開するも、まともにレッスンできなかった。

治療を受けて、術前の怪我も、術後の足の状態や、癖や弱いところがわかり、すごく納得できました。治療とリハビリ指導していただき、少しずつ正しい使い方が分かり、レッスンの取り組みも意識が変わってきました。今後も頑張りたいと思います。 また、怪我による気持ちの面での、あきらめや落ち込みが、優しい指導のお陰でとても前向きな気持ちと明るい笑顔が増えました 。

いつも同じところが痛むとか、同じところばかり怪我するとか、思うように踊れないとか、悩んでるかたに、とってもおススメしたいです!
(お母さまからの感想です)


担当理学療法士:押本より


|初診時の症状:足外側の捻挫による炎症、筋力低下
 ダンサーに多い三角骨という踵の上の骨の一部を取る手術をした後で、足の状態が変わり、不安定感が強く、術後2か月以上経っていましたが、バレエのレッスン中に捻挫を繰り返していました。

|コメント:
 三角骨の手術から2か月経っていましたが、術後にすぐに始める可動域、筋力トレーニング、バランストレーニング、全身のコンディショニングから一つずつクリアしていきました。2回目の施術後以降は捻挫をレッスン中にすることもなくなり、踊れる自信もつけていってくださいました。ご本人の努力も素晴らしく、1か月後にはトウシューズで踊ることも可能になりました。現在もさらなるパフォーマンスアップのために通ってくださっています。今後も全力でサポートさせて頂きます。

RECENT POST
10代から腰痛に悩まされていたバレエ教師

来院のきっかけ:お世話になっているバレエ先生の紹介。 初めての来院時の症状:股関節周りの可動域...


2019.02.16
パフォーマンス向上  患者様の声  背中・腰痛  骨盤の歪み  

クラシックバレリーナの重症足捻挫から早期復帰へ

KH様 クラシックバレエダンサー 初めての来院時の症状・・・練習時に負った捻挫、左足第3.4.5...


2018.09.18
患者様の声  膝・足の痛み  

現役女子サッカー選手 尾骨の痛み改善でパフォーマンスアップ

NT様 会社員サッカー選手 来院のきっかけ・・・知人の紹介 初めての来院時の症状・・・ 尾て...


2018.09.10
患者様の声  背中・腰痛  骨盤の歪み  膝・足の痛み