NEWS & EVENTS

ジャイロトニックⓇとファンクアプローチ

2018.03.28     お知らせ


ジャイロトニックとファンクアプローチ(理学療法士による整体)桜も開花し、春らしい天候になってきました。

昼間に外をランニングする人も少し増えてきたように感じます。

ファンクフィジオ前の飯倉公園も桜が咲き始めました。夏に向けて運動を始めようかなと考えている方もいるのではないでしょうか。

ファンクフィジオでは、ジャイロトニックⓇというニューヨーク生まれのエクササイズと、ファンクアプローチによる治療を組み合わせて受ける方が増えてきました。両方を並行して受けることのメリットをお話しようと思います。


前回お話しましたが、ジャイロトニックⓇは、マドンナやレディ・ガガ、日本では女優の中谷美紀さんや椎名桔平さんなど著名さんがエクササイズとして取り入れています。ジムにある最新鋭の電子的な機器とはまた違った木製のマシンで、原始的かつ自然の温かみを感じる機器を使用します。ジャイロトニックⓇは、背骨本来の動きである3Dな動きを生み出し、上半身や下半身の自由な動きを生みだしてくれるようなエクササイズです。

 そして、ファンクアプローチは、身体本来の自由な動きを阻害する皮膚・筋肉・神経・関節などをセラピストが施術していきます。つまり、日常生活も含む身体の動きを、理学療法士が直接身体の組織を触りアプローチして、可動域の拡大、新しい可動域の学習をしていくのです。また、施術の最後には自由な動きを阻害している姿勢や動きを指導して、再度阻害されないように指導します。


ファンクフィジオでは、理学療法士により明らかになったクライアントさんの身体の動きの制限を専属トレーナーに伝えてジャイロトニックⓇのエクササイズに取り掛かって頂きます。

そうすることで、クライアントさまの最大限の身体の動きを生み出すことが出来、より良いエクササイズ且つトレーニングになります。また、身体の変化に合わせて、理学療法士が施術で細かい身体の変化を評価し、専属トレーナーにさらに良い動きを生み出してもらえるよう連携しています。


 今までジャイロトニックⓇとファンクアプローチを両方受けられた方は、腰痛・肩こりの消失、姿勢の変化を実感していただいています。
ジャイロトニックⓇとファンクアプローチを組み合わせて、身体の不具合とは寒さと一緒にお別れし、
動きやすい身体を手にいれましょう。


 身体の不調などのご相談はいつでも受け付けております。

RECENT POST
GWの営業について NEW!

平成も残すところ10日程となりました。 ゴールデンウイークは10連休と言われていますが、 皆様は...


2019.04.19
お知らせ

4月のジャイロトニックⓇのスケジュール 

東京の桜は、満開! ファンクフィジオ東京の近所にある飯倉公園の桜も今週末が見頃を迎えそうです。 ...


2019.03.28
ジャイロスケジュール

フィジオセラピーお休みのお知らせ 

暖かくなってきましたね。 桜の開花宣言がされ、週末はお花見を楽しむ予定の方も多いのではないでしょう...


2019.03.22
お知らせ